生活習慣病と食

生活習慣病(脂血症・高血圧・糖尿病)は、食生活や運動、睡眠、たばこ、飲酒などが原因とも言われています。
食生活の改善のためには、どうすればいいのか…
多くの本には、バランスの良い食生活と塩分を控えめにと書いています。
加工食品には、塩分が多く含まれていることをご存知ですか?
また、だしの素には、塩が入っていることを認識していますか?

カップ麺の塩分

カップラーメン、特に子供や若い方は好きですね。
カップラーメンは、体に悪いのでは…というイメージが強いです。
確かに、原材料名を見ると、見たこともないような名前がずらずらと並んでいます。
でも、それぞれ国が認可している物を、遵守して作っているメーカーは言います。
では、塩の量はどうでしょうか?

これは、NHKの朝ドラでも放送された世界初のカップヌードルです。
原材料名の「/」から後ろが添加物です。
さて、問題は栄養成分表示の食塩相当量です。
めん、かやく、スープ合わせて4.9gと書いてます。
このカップヌードルを食べると4.9gの塩分を摂取することになります。
1日の推奨塩分摂取量は、成人男性は8.0g未満、女性は7.0g未満です。
このカップヌードル1杯で1日の半分以上の塩分を摂取することになります。
世界基準は1日5gです。日本人は塩分の摂りすぎです
この小さなカップヌードルでもこれだけの塩分が入っているのだから、もっと大きな容器のカップ麺はどれだけ入っているのかという…???
もし、近くにカップ麺があったら、表示の所を見てください。
栄養成分表示に食塩相当量が記載されているはずです。
カップ麺を毎日食べていると何がよくないか
塩分の摂りすぎと、私は答えたいと思います。

だしの素

では、私は自炊しているから大丈夫と思っている方。
だしは、何を使っていますか? 昆布やカツオ、イリコなどからだし汁を作っていますか?
手軽に顆粒だしを使っていますという方、その中に塩が入っていることを認識していますか?

顆粒だしの素の表示です。
栄養成分に味噌汁1杯分当たりの食塩相当量の記載があります。
0.4gです。なんだ、少ないじゃないと思いますか?
味噌汁、1日に3杯飲むと、1.2gになります。しかも、味噌に含まれる塩分がありますから、もっと多くなります。
自分で、だし汁をとれは、塩分は0gです。
塩分控えめの調味料や加工食品を選ぶよりも、先にだし汁を自分で作るとした方が、効果的だと思いませんか?

簡単なだしの取り方は、こちらをご覧ください。

おすすめの記事