幸せで健康な生活は食から

日本は、遺伝子組み換え食品、添加物の宝庫

スーパーで食品を選ぶとき、何を基準にしていますか?
私は、何となく、国産なら大丈夫かな…と根拠のない安心感で、国産と書いてあるものを選んでいました。
でも、海外、特にヨーロッパの人は日本産は危険だと認識していると聞いて、ビックリした記憶があります。
和食はすばらしいともてはやされ、すっかり、日本の食は安全で安心だと思い込んでいた自分が恥ずかしくなってきました。
私の安心安全には何の根拠もないのです。
国が認可したらか、食品メーカーが、効率を遵守して作ったものだから…
そんな、安易な考えて、自分の体に入る食べ物を選んでいたのですから…
食品のラベルの見方もわからず、何が入っているかも確認せず、
客観的に考えたら、とてもおかしなことです。
ヨーロッパでは食品に、使用した原料も添加物名も全部記載されています。
日本は、原料は表記されていても添加物はグループでまとめての表記でよかったり、簡略したりすることができるということを知っていましたか?
私は知りませんでした。
しかも、日本の遺伝子組み換え食品は、先進国の中で一番輸入量が多いのです。でも、スーパーで購入するときは、遺伝子組み換えでないと書いてあるのを選んでいるから、と思っていましたが、実は、遺伝子組換えの食材を使っても表示義務がないのがほとんどなのです。
それが、日本の法律です。
添加物の話になると、擁護派と反対派で真っ二つに分かれます。
どちらを支持するかは、個人の自由だと思っています。
だからこそ、全てにおいて表示して欲しいと思います。それを見て、買うか買わないかは個人の自由だと思うからです。
レストラン、ファストフード、お弁当屋さん、デパ地下、表示していないとことが多すぎます。
安全で安心な食の提供をしているのでしたら、自信をもって、使っている物を堂々と表示できるのではないかと思います。
表示されたときに、何を見て、判断すればいいかがわかるように、少しでも皆さんのお役に立てればと思い、このサイトを立ち上げました。
私は、添加物の擁護派でも反対派でもありません。
ただ、健康で幸せな生活を送りたい、また家族の健康を守るのも自分の役割だと思っています。だからこそ、知っておきたい、知らなくてはいけないのが添加物だと思います。そして、わかって買うか買わないかを判断するのが大事だと思います。

おすすめの記事